• HOME
  • 相続税改正のポイント

相続税改正のポイント


平成25年度の相続税改正において、相続税が大きく変わりました。
既に適用されている教育資金の一括贈与を除いて、相続・贈与に
関する制度が平成27年より変更されます。
この税制改正に関するポイントをまとめましたので、ご確認ください。   

                                                    図8.pngのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 図8.pngのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 図8.pngのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

ポイント1  相続税の基礎控除が減少!

























現行よりも相続税の基礎控除が下がるため、今までなら相続税がかからなかった家庭でも税金が課せられるケースが増えます。一方で、未成年者や障害者の控除は強化されるようになります。

○基礎控除
  
  図2.pngのサムネール画像現在 : 5,000万円 + 1,000万円 × 法定相続人の人数
  
  図5.pngのサムネール画像改正 : 3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の人数


○未成年者控除

  図2.pngのサムネール画像現在 : 6万円 × 20歳までの年齢     図5.pngのサムネール画像改正 : 10万円 × 20歳までの年齢


○障害者控除

  図2.pngのサムネール画像現在 : 6万円 × 85歳までの年齢     図5.pngのサムネール画像改正 : 10万円 × 85歳までの年齢 
 
 ※特別障害者の場合、12万円 ⇒ 20万円になります。



ポイント2  相続税の利率が5%UP!

遺産の総額が2億円を超えている場合、相続税の負担額が増加します。

表1.png



ポイント3  子や孫への贈与がしやすくなる!

父母や祖父母など直系尊属から20歳以上の人で、3,000万円以下の贈与を受ける場合には、全体的に税率が低くなります。・・・(軽減税率)
また、一般税率でも3,000万円を超える高額な贈与は、税率の引き上げがある一方、1,000万円~1,500万円以下は現在より5%低くなります。・・・(一般税率)


表2.png



ポイント4  教育資金の一括贈与が可能に!
           

贈与を受ける側が30歳未満の直系卑属の場合、教育資金としてならば最大1,500万円(学校等以外へ支払われる金銭については、500万円)まで一括で贈与しても贈与税がかかりません

<条件>
平成25年4月1日から平成27年12月31日までに、金銭を拠出して金融機関に預けた場合に限る。
教育資金とは、学校等に支払う入学金や学校以外に支払う金銭のこと。




無料相談会を実施しています


図6.pngのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 当センターでは、随時、相続無料相談を受け付けております。
 「税制改正について、より詳しい内容を知りたい」という方は、下記電話番号に
 お問い合せのうえ、是非お気軽に無料相談へお越しください!

 
ImgTop13.jpg


 

相続の無料相談実施中 

ImgTop13.jpg

 

 

お気に入りに追加

bookmark.jpg

 

 事務所紹介
 相続サポート料金
スタッフ紹介
アクセスマップ


アクセスマップ

みえ相続相談センターを運営する、伊勢総合税理士法人/伊勢総合行政書士法人をご紹介させていただきます。

【伊勢本社】

伊勢ICからお車で5分ほど、アクセスしやすい事務所となっております。
駐車場も完備しておりますので、安心してお越しください。
 

大きな地図で見る

【津オフィス】

津駅東口から徒歩1分ほど、第一ビル3階に事務所がございます。

公共交通機関のご利用が便利です。
 

大きな地図で見る
0120-863-630│無料ご相談お問い合わせ相続税シミュレーション

伊勢本社

伊勢ICからお車で5分ほど、アクセスしやすい事務所となっております。

駐車場も完備しておりますので、安心してお越しください。

 

津オフィス

津駅東口から徒歩1分ほど、第一ビル3階に事務所がございます。

公共交通機関のご利用が便利です。

 

Area

三重県内全域の相続のサポートをさせていただいております。
まずはお気軽にご連絡ください。