贈与すべきか?相続すべきか?

hirosue04.png 贈与税は、ある一定額を境に相続税よりも税負担が大きくなります

生前に贈与することを検討する場合、生前に贈与した場合の贈与税額と、このまま贈与せずに相続が発生した場合の相続税額を比較し、無駄な税金をかからないような贈与を検討する必要があります。

また、将来相続税評価額が高くなると思われる財産について、評価額が低いうちに贈与することで、全体としての税金の負担を抑えられるということが考えられます。


贈与分岐点

生前に贈与を検討する場合は、以下の贈与分岐点を目安に、無駄な税金がかからないような贈与を検討します。

genkaizeiritu0001.jpg


この贈与分岐点以下の範囲で財産を贈与した場合には、贈与した方が全体としての税金の負担を抑えることができます。

生前贈与は計画的に

贈与後3年以内に相続が発生すると、その贈与財産は、相続財産に含まれることとなるため、相続税が課せられます。

したがって、相続の開始が近いからという理由で、直前に贈与をして相続税を減らそうとしても、3年以内に相続が発生した場合は、相続税が課せられてしまいますので注意が必要です。


 

詳しい情報はこちらから

 

・贈与税非課税枠の拡大

・贈与と相続どっちが得か


 

相続の無料相談実施中 

ImgTop13.jpg

 

 

お気に入りに追加

bookmark.jpg

 

 事務所紹介
 相続サポート料金
スタッフ紹介
アクセスマップ


アクセスマップ

みえ相続相談センターを運営する、伊勢総合税理士法人/伊勢総合行政書士法人をご紹介させていただきます。

【伊勢本社】

伊勢ICからお車で5分ほど、アクセスしやすい事務所となっております。
駐車場も完備しておりますので、安心してお越しください。
 

大きな地図で見る

【津オフィス】

津駅東口から徒歩1分ほど、第一ビル3階に事務所がございます。

公共交通機関のご利用が便利です。
 

大きな地図で見る
0120-863-630│無料ご相談お問い合わせ相続税シミュレーション

伊勢本社

伊勢ICからお車で5分ほど、アクセスしやすい事務所となっております。

駐車場も完備しておりますので、安心してお越しください。

 

津オフィス

津駅東口から徒歩1分ほど、第一ビル3階に事務所がございます。

公共交通機関のご利用が便利です。

 

Area

三重県内全域の相続のサポートをさせていただいております。
まずはお気軽にご連絡ください。